可動間仕切り収納

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。成長過程によって空間に求めることが変わってきます。その変化に柔軟に対応できる家造りを行うことで、より快適で住み心地の良さを実感できる住まいが広がるのです。変化に対応するべくリフォームを行うということになるとコストだけでなく、時間もかかってしまいます。

そこで我が家の子ども部屋には可動間仕切り収納を取り入れたのです。建物に合わせて1ミリ単位でオーダーメイドでき、組み立てから設置まで自分達で行うことができるため、工事費や設計費などもかかりません。そのため時間もコストもかけず「今」にピッタリの空間が広がるのです。

幼少期は個室は必要なく、おもちゃを思い切り広げて遊ぶことができたり、兄弟姉妹やお友達と走り回って遊べる空間が求められます。この時期はこの可動間仕切り収納を壁際に沿わせるように設置しておけば広々とした空間が確保できます。小学校の高学年にもなると今までのような空間的繋がりを得ることができながらも、プライベートな空間が欲しくなるものです。そこで可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央部分へと移動させます。そうすれば空間の繋がりを得ることができながらも、独立した空間も得られます。

中学・高校生頃になるとそれぞれの個室が欲しくなるものです。この時期にはもう半分の間仕切り収納を部屋の中央へと移動させ空間を完全に二つに区切るのです。ワンルームの子ども部屋が将来二つの個室になることを想定してあらかじめ部屋への出入り口や窓、照明、コンセントなど二部屋分設けておくことも忘れてはいけません。子どもが成長すればいずれは巣立っていきます。巣立っていった子ども部屋のレイアウトを変更させ全く違う活用法を取り入れることもできるのです。可動間仕切り収納で最適な空間が広がるようにしてみるのはいかがでしょうか。

二階にトイレは必要か

Read full article | コメントは受け付けていません。

二階にトイレを設ける家庭と設けない家庭の割合は、半々と言われています。我が家が家造りを行う中で最後まで迷ったのが、この二階にトイレを設けるかどうかということです。業者の人に聞いても半々と言われただけに、非常に迷いました。二階にもトイレがあった方が便利さが高まるのはもちろんですが、子ども達が小さいこともあり二階で過ごす時間は一階で過ごす時間と比べると格段に短いです。そのため設けても使用する機会がほとんどないのです。それにも関わらず設置費用や給排水工事費、ランニングコスト、お掃除の手間が倍になってしまうのは主婦としては頭を悩ませてしまうものです。

そこで業者から一ついい提案をしていただきました。二階にトイレのスペースを確保し、給排水工事まで行っておきます。必要性の低い現時点では、トイレを設けず二階の収納スペースとして利用するのです。自分達が歳をとり、トイレに行く際に階段を上り下りするのが面倒と感じたり、子どもが二階で過ごす時間が増え、二階のトイレの必要性が高まった時にトイレを設置するのはどうかという提案でした。

これを聞き、まさにこれだ!と思い即決しました。家造りを行っておくとつい便利さを追求してしまいがちです。しかし、予算をオーバーすればその後の住宅ローンに重くのしかかってきます。「今」に適した空間が広がることで予算を抑えながらも、住み心地の良さを実感できることを改めて確認することができたのです。二階にトイレを設けようか悩んでいる人は、必要性をしっかりと考慮して設けるようにしましょう。

小上がりの和室

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家はリビングの延長に小上がりの和室を設けています。我が家のようにリビングと一体化した和室を設ける間取りは最近非常に多いです。我が家は建具を設けて和室を個室としても利用できるようにしましたが、普段は建具で仕切らずリビングとの一体感を重視しています。建具を設けずリビングの一角に畳コーナーを設ける家庭も少なくありません。リビングとの一体感を大事にすると同時に空間のメリハリにも注目しましょう。

我が家は洋風LDKと畳の和室と異なる異空間が隣接するため、和室に高さを設けて小上がりにしたのです。床の高さに変化をつけることで空間の繋がりを保ちながらもメリハリを出すことができます。これで互いの空間に違和感を与えることもないのです。畳の下にはデッドスペースが生まれたことでここに引き出し収納を設けることができました。和室で使用する座布団や子ども達のお昼寝用寝具、おもちゃや日用雑貨などたっぷりと収納できるスペースとなっています。

また、高さを設ける際には腰掛にちょうどいい高さにしました。中途半端な高さはかえって足をつまづきやすくしてしまうので、高さを設けて腰掛としても利用しやすいようにしたのです。家事の合間に休憩したくてもソファは家族が占領していることも多いです。このような場合、この小上がりの和室でホッと腰を下ろして休憩できますし、畳なのでそのままゴロンと横になって休むこともできます。

ゆったりと休んでも高さがあるため立ち上がりもスムーズで次の作業に移りやすくのです。和室には将来子ども達が勉強するスタディーコーナーを設けました。高さを活かしてカウンター下を掘り込み、足をゆったり伸ばせて利用できる造りにしたのです。小上がりの和室は多くの魅力を得ることができました。

耐震診断で住宅の耐震レベルをチェックをしましょう

Read full article | コメントは受け付けていません。

ここ十数年で日本では大型地震が何度も襲ってきています。
過去の地震を踏まえ、1981年には「新耐震基準」が施行されて、この基準を満たしていない建物は、現行の物件と比較して耐震性能が劣ると言われています。
そこで、耐震診断や耐震補強の必要性が強く叫ばれているところです。

しかし、この耐震診断には、(診断の性密度や建物の具合、地盤の状況にもよりますが)それなりにまとまった費用がかかります。
安全に住まうためとはいえ、現在何事もなく毎日過ごしている住宅であれば、費用をかけて改めて診断する必要に差し迫っていない家庭も多いでしょう。
実際に、1981年以前に建てられた住宅やマンション、アパートはたくさんあり、今もなお住むに不自由が無い程度に現存しています。

そこで、耐震診断や耐震補強を行う際に申請できる補助金制度が無いかを一度調べてみると良いでしょう。
自治体によっては、これらの費用の一部を助成する制度が整っている場合もあります。
一般的に行う耐震診断は、居住者が自らできる簡易診断と、建築士などの資格保有者が目視で調査する「一般診断」、詳細な調査を行う「精密診断」の三段階があります。
それぞれの結果を元にして、必要に応じて段階的に診断のレベルをあげていくので、簡易検査で補強の必要なしと診断されれば、大きな費用負担はありません。

ハウスメーカーと工務店

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りを進めるにはまず依頼する業者を選ばなければなりません。しかし、ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在するだけに、その中で自分達に最適の一社を選び出すことは容易なことではありません。家造りを成功させるカギを握る業者だけに、しっかりと選び、信頼できるパートナーを選び出したいものです。

そこでまずハウスメーカーと工務店それぞれの特徴を知り、どちらが自分達に合っているかということを考えることから始めてみるといいと思います。ハウスメーカーは、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。カタログやモデルハウスなど、家造りのイメージを湧かせるための材料が豊富に揃っています。

画一化したデザインを持っているため提案力もあるのです。部材においては工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかかりません。価格は、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など様々な経費が建築費に上乗せされてしまうので高くなりがちです。

工務店の特徴は、建築主のこだわりや希望が活かされた大量生産とは異なる、オンリーワンな住まいを手に入れることができるのです。ハウスメーカーであれば一目見ただけでどこのハウスメーカーのものなのかがもかるものも多いですが、工務店はこだわりや個性が活かされた住まいを完成させることができます。地域での評判を大切にするため施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれます。契約を行う会社と施工者が同一のため責任の所在がハッキリしているのも安心できます。

しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多いです。また、ハウスメーカーに比べ洗練されたデザインに欠けていると感じることもあるのです。価格は、広告宣伝費などがかからないため同じ仕様の家ならハウスメーカーよりも安くつくることができるでしょう。まずは特徴を知り、どちらが自分達向きかを考えることから始めてみるのもいいと思います。

和室にカウンター

Read full article | コメントは受け付けていません。

リビングの延長上に設けた和室は、子どもが遊ぶスペースとして利用したり、昼寝のスペースとして利用したり子どもが利用する時間が長いです。そこでこの和室にカウンターを造り付けてもらいました。子どもが成長すればこのカウンターをスタディーコーナーとして利用させます。

子どもが二人並んで勉強ができるように横幅のあるカウンターを設けました。教材を広げて勉強しやすいように奥行も確保し、カウンターの上にはコンセントを二階設けて電源の確保も行っています。両サイドには棚を設けており、ここには勉強道具や辞書などを整理できる本棚として利用できるのです。正座で長時間勉強するのはきついため、和室を小上がりにして高さを設けました。この高さを活かしてカウンター下を掘りコタツのように掘り込んだのです。このような造りにしたことで足をゆったりと伸ばして勉強ができるのです。

いざという時は建具で仕切ってしまえば個室として利用できるため、リビングからの声や音が気になる時や勉強に集中したい時は、建具で区切ればいいのです。普段はキッチンから和室にまで目が届くため、キッチンで家事をしながら子どもが勉強している様子がしっかりと確認できるので親も安心です。和室は今までは客間として利用させることが主流でしたが、リビングの延長に設けることで普段使いしやすい空間へと変化しています。自分達のライフスタイルに合った和室の活用法を取り入れたいものです。

造り付けカップボード

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家に設けたカップボードは、キッチンのスペースに合わせて造りつけてもらいました。横幅はキッチンスペースにいっぱいに広がり、高さは天井近くにまであるため収納力は抜群です。家具を造りつける魅力は、空間にスッキリと収められるということです。見た目もスッキリしますし、隙間などを生まずスペースを無駄にしないため収納力をアップさせることもできますし、隙間がないためお掃除もしやすいのです。

カップボードの全面にはすりガラスの扉が設けられています。すりガラスの扉なので中に収納しているものを隠してくれながらも、キッチンスペースにしっかりと明るさを通してくれます。扉三枚分に広がるカップボードの一面は、キッチンパントリーとして利用しています。乾物やレトルト食品、お菓子にお米など食材を収納しているだけでなく、キッチン雑貨やレシピ本などもきちんと整理できています。

そして、その隣の扉一面は食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでここ一か所に収納しているのでお皿選びがしやすくなっています。お弁当箱にタッパーなども一緒に整理できています。そしてその隣の扉一面はキッチン家電を収納しています。毎日使用する炊飯器や電子レンジなどは手の届きやすい中段部分に設置し、ホットプレートやたこ焼き器、ミキサーにフードプロセッサーなどその他のキッチン家電も大きさや使用頻度に合わせて上段や下段部分に収納しています。

キッチンで必要なものをここ一か所に全て管理できているため、物の管理もしやすいですし、物の出し入れもしやすいのです。キッチンがスッキリとして家事の効率も高まっています。そして、地震の際にカップボードが倒れ込むことがないので地震対策としても有効なのです。

リビングにスキップフロア

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家も家を建てることを決めて数多くの住宅を見学してきました。その中でとても印象的だった空間がリビングにスキップフロアを設けている空間造りをしている住宅です。最初は同じ空間に高低差を付けない方が空間がより広々と、そしてスッキリとした印象になるのではないかと思ったのですが、スキップフロアにした理由を聞くとその魅力を実感しました。

リビングでは家族がいろいろなことをして過ごします。テレビを見ながらくつろぐ人もいれば、おもちゃで遊ぶ子どももいます。その片隅で洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行うママもいます。いろいろなことをして過ごすリビングは、空間にメリハリをつけていないと、生活にもメリハリが損なわれ、本来のくつろぐ空間とはかけ離れてしまいがちです。

このリビングにスキップフロアを設けて高低差を付けることで、スキップフロアでは子どもの遊ぶスペースとして利用すると、くつろいでいる人の横におもちゃが散らかることもなくなり、快適性も高まります。子ども達も遊ぶスペースがしっかりと設けられていることで、遊びに集中できますし、おもちゃもきちんと片づける習慣が身に付きやすくなるのです。

子どもが使用していないときは、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり家事スペースとしてもいいですし、旦那さんの書斎スペースやパソコンスペースとして利用させることもできるのです。壁などで空間を仕切ってしまわず、アイアンの手すりでリビングとの境をつけておけば空間的圧迫感もないのです。家族との一体感を得ながらも個人の時間を過ごす最高のリビングが広がるのです。

LDKにメリハリを

Read full article | コメントは受け付けていません。

間仕切りなどで閉じられた空間造りをするよりは、できるだけ壁や間仕切りなどを設けず、一体化したLDKが人気となっています。一体化させることで、空間的な広さや開放感を感じられるだけでなく、家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても、顔を合わせてコミュニケーションが取れたり、互いの存在を身近に感じられることで安心感も高まるのです。

しかし、全く壁がないというのは空間が間延びするので、腰壁や垂れ壁などを設けて、視線を抜けさせつつ、間仕切りの役目を果たせるように壁を上手に取り入れることも大切です。LDKの一体感を同時にすると共に、LDKのメリハリも大事にすることを忘れてはいけないのです。腰壁や垂れ壁の他には、木の面格子を設けるのも有効的です。

我が家は、リビングとダイニングの境に木の面格子を設けました。色味は吹き抜け部分の梁の色と併せて統一感を大事にしながらも、LDKのアクセントにもなっているこの面格子はデザイン性も高いのです。この面格子があることで、それぞれの視線を緩やかにカットしながらも、明るさをしっかり通してくれるので、閉鎖的な印象になることはありません。高低差を付けて空間にメリハリを付けるのもいいのではないでしょうか。

最近ではリビングに隣接した和室も多いです。この和室を小上がりにして高さを設けるだけで、和と洋の空間にメリハリが生まれます。LDKの一体感を大事にするとともにメリハリのある空間造りをして、生活にもメリハリがつけられるようにしたいものです。

トイレ

Read full article | コメントは受け付けていません。

トイレは家族の使用頻度が非常に高い場所でありながら、滞在時間は短いという特徴があります。家族の使用頻度が高いだけでなく、家に遊びに来たお客様が使用する機会も非常に多いです。それだけにトイレの使いやすさや清潔さ、一歩足を踏み入れた時の第一印象を大事にしたいものです。

まずトイレをどこに設けるかは意外と頭を悩ませます。我が家の子ども達はまだ小さいため、お風呂の横にトイレを設置しました。お風呂前にトイレに行く機会は多いですし、子どもがお風呂中にトイレに行きたくなっても便利です。また、トイレで失敗した時もお風呂が近いと便利さが高まります。玄関の近くにトイレを設置する家庭も多いと思います。リビングやダイニングから少し離れたところにトイレを設置することで、トイレのにおいなどの問題も気になりません。また、外から帰ってきてすぐに用を足せるのも便利です。外出前にはトイレで用を足すことも多いので玄関近くにトイレを設置するのもいいと思います。

トイレは広さに限りのある空間です。しかし収納しておきたいものは意外と多いです。限られた広さですが圧迫感を与えることなく、快適に用をたすには壁の厚みを利用して収納スペースを確保するのがいいのではないでしょうか。またクロスや手洗いスペースのデザインでトイレの雰囲気は一変します。明るい印象にするにも、暗めの落ち着いた印象にするにもこれらのデザインに注目しましょう。トイレとは意外と軽視されがちですが、家族がお客様用の使用頻度を考え、快適性をしっかりと維持したいものです。